地域包括支援センター その2

先日に引き続き、地域包括支援センターの改装工事の様子をお届けします!

骨組みまで完成していた壁に、職人さんが板材を打ち付けていきます

こうして壁ができたところで、壁紙を貼るために板の凹凸を無くしていきます

まず、境目をならすために溶剤を、釘や板のつなぎ目に塗っていきます。近くで見るとこうです!

全体図になります。ここから、壁がなめらかになるまでひたすらやすりをかけます。なめらかにしないと、壁紙が綺麗に貼れないそうです。1日中やすりをかけ続ける職人さんはすごいですね・・・。

そしてやっと壁紙貼り開始!貼り終わった全体図をご覧ください

一気に部屋になりました!!真っ白い壁が真新しさを強調して素敵です。

そして窓も換気できるよう、一部窓の構造を変更しました。

まずは開閉できない、嵌め殺しの窓がこちらです。

これを一部開閉式にしました。お分かりいただけますでしょうか。

これで換気もばっちりです。この1週間で、大分完成に近づいてきました。

ここからドアができて事務用品が搬入されてきます。また1週間後にお知らせします、お楽しみに!