災害ボランティア用活動資機材に関する覚書締結式

平成30年3月26日、「災害ボランティア用活動資機材に関する覚書」締結式がさつき園で行われました。

大規模災害発生時は、行政の地域防災計画において各市町の社会福祉協議会が災害ボランティア本部を開設し、県内外から集まるボランティアと共に被災地の支援活動を行うことが想定されています。

そのような災害支援活動には、「資機材」の確保が不可欠です。地域の消防団や災害ボランティア本部の方々が、必要な資機材の整備を行い、迅速に被災地の復旧活動ができるような体制を構築しました。

今回、さつき園ではその資機材の設置場所の提供を行いました。それに伴い、静岡県社社会福祉協議会及び関係者の方々との間で、「災害ボランティア用活動資機材に関する覚書」を締結しました。

地域福祉の防災拠点として、災害時の復旧活動の一助になれましたら幸いです。

Curves下土狩様よりフードドライブ頂きました

Curves(カーブス)下土狩様より、フードドライブによる食料品の寄附を頂きました。

フードドライブとは、カーブス様が集めた様々な食料品を、必要とする施設に届けていらっしゃる活動とのこと。

さつき園も、たくさんのご厚意を頂きました。

ご利用者様のために、大切に使います。ありがとうございました。

ひな祭りの行事食

2018年3月3日

今日はひな祭りにちなみ、見た目も華やかな「ひし形寿司」の献立です。

これ、牛乳パックで型を作り、ひとつひとつ手作りしてます。二色のすし飯と卵のそぼろを重ねた押し寿司に、エビとイクラをトッピング。かなりの手間ひまがかかりますが、女の子のお祝いに厨房スタッフ頑張りました。

お寿司の他には、「筍とふきの煮物」「茶碗蒸し」桃の節句にちなみ「白桃缶」です。ちなみに、緑の器に入っているのは、押し寿司が硬く食べにくい利用者様に、すし飯をほぐす用の「和風あん」です。見た目を楽しんでいただいた後、介護スタッフが必要に応じてほぐして提供してくれました。

ちなみに、おやつは「雛あられと甘酒」「いちごゼリーホイップ添え」と、春一色の一日でした。