倉庫の棚が完成しました

制作途中の館内防災倉庫棚が無事完成しました。

なんと、前回お伝えしていませんでしたが、今回棚を作製するにあたり、担当した職員はどのような棚にするのかテーマを決めていたというのです・・・

そのテーマはずばり、  「青山のカフェにあってもおかしくない棚」  です!

青山のカフェにあってもおかしくない棚の完成までの様子をご紹介します。

組み立てた白木の状態のものに、味が出るようにペンキで色を塗っていきます。

色は高級感のある、暗めのブラウンを選びました。液だれ対策の新聞紙を敷いてどんどん塗っていきます。

全部塗り終わった様子がこちらです!一気にこなれた雰囲気になりました。

乾いてから組み立てて、気になる部分を塗りたして・・・

ついに完成しました!

マグニチュード9レベルの地震にも耐えられる強度を考えて作られた、青山のカフェにあってもおかしくない防災倉庫の棚です!

作製した職員も満足そうです。

完成した場所がさつき園の外倉庫だったため、これを館内の防災倉庫まで運びこみます。

そして設置。仮で段ボールも置いてみました。

おさまった様子が想定どおりで、大満足でした。さらに、柱と柱の接合を単純な釘の打ち付けではなく、木を削ってはめ込んでから固定したため、壁と棚が隙間なくぴったりと設置できました。

消防法の関係で天井と棚上部の間にはスペースがなければいけません。一番上には荷物は置かない予定です。地震対策の固定チェーンも設置予定。

そして、棚がひとつでは整理しきれないため、あと2つ棚を追加作成します!

一番下のスペースには、水を保管するのですが、水は重く移動が大変です。非常時に素早く持ち運べるよう、キャスターつきのすのこを作成することにしました。

設置された棚を見ながら作戦会議中。

全ての棚を作成し、形が整うまでの時間は、年内を目標としています。またおりを見て、ちょこちょこお知らせします、棚シリーズにご期待ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です