災害備蓄を使った献立

防災備蓄をしている「はごろも煮」の期限が近付いたため、献立に取り入れました。                         「はごろも煮」は味付けツナ缶なので、炒り卵とともに二色丼にしました。

副菜には、「里芋のごま煮」と「大根とホタテのマヨネーズ和え」、野菜たっぷりの「沢煮椀」です。白菜、大根、人参はさつき園の畑からの直送。ゴマやホタテの水煮は乾物で食品庫にストックできるもの。時期であれば里芋も畑で収穫できます。

有事の際でも、このようなメニューで提供が可能という一例です。ご参考になれば幸いです。

 

ついでに、厨房テクニックのご紹介も(^^)

大量のいり卵は鍋で作ると焦げやすくて大変です。今回は、味付けした卵液を鉄板に流し、スチームコンベクションで蒸した後にマッシャーでつぶしました。うちのベテラン調理師の知恵!                                              ご家庭では、レンジで加熱してからつぶせば、一人分でも手軽に作れます。ぜひお試しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です