流しソーメン&ラーメン台作成 奮闘記③

いよいよ佳境に入ってきた流しソーメン台作成報告、3回目です。今回が一番長いかもしれません…が、職員の創意工夫が溢れています。最後まで是非、ご覧ください。

前回ソーメン台を備え付けるための支柱を、三脚で作ることを検討していましたが、それでは高さが出すぎるので、別のものを作成することになりました。

まずは低い方の土台から…

太さのある竹を半分に割って、中心あたりにソーメン台の太さに合わせてくぼみをつくります。そのくぼみの両端に、細い穴をあけました。

この穴、実はストッパー用でして、ストッパーをはめるとこうなります。これも全て手作り!!そしてソーメン台をのせることでこのストッパーの真価が判ります。

こうです!!見事にソーメン台が固定されました。最初見た時は、納得しつつもその工夫に、感心してしまいました。

次は高い方の土台作りに入っていきます。

太さのある2本の竹に、貫通する穴をあけて…そこに細い竹を通します。

こうなりました。ここの渡し棒の部分にソーメン台を乗せるのですが、ここでも細かい気遣いが

なんと、この両端にも小さいストッパーが備え付けてあるんです!仕事が細かいですね。

さらにこの土台の足に靴をはかせて、安定性のアップを図りました。

仕上げに電動やすりで、細かいところを滑らかにしてほぼ完成です。

本番前の試しソーメンは後日に行う予定なのですが、とりあえずの完成を見たこともあり、一度水を流してみよう。というか、流してみたい、流そう!ということで、いざ水の投入です。

見事水漏れも無く流れました!!ついでに畑でとれたトマトも流れてます。

竹の縦に走る筋が細かなおうとつを作り、光の反射と相まって、流水に表情を与えてくれています。これなら夏の風流を存分に感じる流しソーメン&ラーメンを入所様に楽しんで頂ける筈!

作業の合間に汁入れと箸なんかも作ってます。かわいい!

途中、流しソーメン台作成を依頼した職員が、作成担当職員の様子を見にきたりと、作成現場はわきあいあいとしていました。いい~笑顔です。今年はさつき園開設依頼、もっとも流しソーメンをする年になるかもしれません。御期待くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です