災害ボランティア用活動資機材に関する覚書締結式

平成30年3月26日、「災害ボランティア用活動資機材に関する覚書」締結式がさつき園で行われました。

大規模災害発生時は、行政の地域防災計画において各市町の社会福祉協議会が災害ボランティア本部を開設し、県内外から集まるボランティアと共に被災地の支援活動を行うことが想定されています。

そのような災害支援活動には、「資機材」の確保が不可欠です。地域の消防団や災害ボランティア本部の方々が、必要な資機材の整備を行い、迅速に被災地の復旧活動ができるような体制を構築しました。

今回、さつき園ではその資機材の設置場所の提供を行いました。それに伴い、静岡県社社会福祉協議会及び関係者の方々との間で、「災害ボランティア用活動資機材に関する覚書」を締結しました。

地域福祉の防災拠点として、災害時の復旧活動の一助になれましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です