地域の方と連携した防災訓練を行いました

9月3日(日曜日)施設全体で、総合防災訓練を行いました。

さつき園は年2回全体での防災訓練を行っており、今回の訓練は一部地域の方と連携をさせて頂きました。その内容をご紹介します。

朝、地震発生の館内放送・及び避難指示を受け、特養入所者様を避難誘導します。

地震に伴い、火災も発生している想定なので、火元から遠い方向へ誘導しました。

1階裏口では、放水訓練を開始。この日は畑に向かって放水です。

こちらはタンカを使用した要介護者の移送訓練です。

おひとりおひとり、身体状況の違うご利用者様にあわせて、どういった移送が適切であるか。訓練を行うことで見えてくることが多くありました。

ご紹介した訓練行動も、まず訓練行動の指示を受けてから実行しています。そして行動完了後には責任者へ報告をします。

厨房も防災食の提供となりました。災害時は電気・ガスが使用できない前提とし、七輪を使用しての調理を想定。少ない火力で調理した食事です。

もちろんエレベーターも使用できません!階段を使用した人力での配膳訓練も行いました。

 

駐車場には、地域の方のテントが設置されました。

1階地域交流室では、職員が講師となって地域の方に災害時の介護訓練をさせて頂きました。上の写真は、要介護者を対象とした、ベッド上での介助法について講義している様子です。

こちらは、車椅子を使用した段昇降について、実際車椅子に乗って頂いての講義となりました。

大勢の地域の皆様にご参加頂き、何か起きた時は助け合おうという、地域住民の皆様の意欲を実感致しました。御協力ありがとうございました。

最後は各部署の責任者が集合して、反省会を行い終了です。

さつき園は、災害時には地域の拠点となることが想定されます。その責任を自覚し、今回のような訓練に限らず、日々防災への意識を忘れずに努めていきます。

小さな花が咲きました

ホームの介護職員が、「皆さんに夏を感じていただけたらいいな」と、ある花の栽培キットを購入して育てていたものに、小さな花が咲きました。

 

可愛い小さな向日葵です。

下はこんな感じになってます。

土を使わずに育つということで、ペットボトル栽培なんです!そのままでは、この暑さで中の水が湯だってしまうので、日光除けに包装紙を巻いて日当たりのいい場所で育ててみました。

ちょっと栽培開始したのが遅かったので、来年はきちんと時期を見て育ててみようと計画中。小さな向日葵がリビングにちょこちょこ並んでたりしたら、とっても素敵だな、と思うのですがどうでしょう。

そして、「花が咲いたよー」と、教えに来てくれた職員の満面の笑顔がこちらです。

すごく嬉しそうです!来年はもっとたくさんご紹介できるように頑張ります。

 

【デイサービス】ミニ縁日です

季節としてはすっかり残暑の8月28日・29日・30日に、さつき園デイサービスにてミニ縁日を開催しました。

ビニールプールにヨーヨーを浮かべて、紙のこよりで作った釣り糸でヨーヨー釣りをしたり

職員が作った色鮮やかなかき氷を食べたり

職員による太鼓演奏を行ったりしました!皆様から、太鼓演奏にやんやの拍手喝采も頂きました。「武道館にいける!!」という歓声まで頂いて、ありがたいです。

夏の終わり頃に行う縁日も、季節を惜しむ雰囲気が出ていいですね。

【追伸】以前、ブログにアップした「野生のスイカ」の件ですが、残念ながら生育途中で破裂してしまいました。スイカの縞々皮の色が濃くなったら収穫しようと思っていたのですが…お伝えできず残念です。また何かあったらブログでお知らせしますね。

極真会館大石道場の生徒の方々が来てくださいました

8月14日、職員の紹介で、極真会館大石道場の生徒の方々が夏休みを利用して、型と組手を披露しに来てくださいました。

小学生から高校生まで、日々鍛錬を積んでいる生徒さんたちの動きに、利用者の皆様も声をあげて感心したり驚いたりしていました。

型の披露。低い重心で素早く異動しながら技を繰り出します。

板割りです。割った板が飛んだ時は、ひときわ大きな歓声も!

そして組手!100%の力でやると、なんと骨が折れてしまうとのことで、この日は80%の力で披露してくださいました。

生徒の皆さんは、それぞれ大会で型・組手部門で活躍されているそうで、空手の世界大会を目指すような選手なんだそうです!!今後世界大会がテレビで放映された時の楽しみができて、利用者の皆さんも嬉しそうでした。

終わりには、ご利用者から選手の皆さんへお礼をお渡ししました。極真会館大石道場の皆様、エネルギーに溢れた慰問をして頂き、本当にありがとうございました!!

日本大学三島高等学校2年生が「ミニミニ演奏会」を開催してくれました

8月17日(金)さつき園にて、日本大学三島高等学校2年生2人による「ミニミニ演奏会」が開催されました。
演奏して頂いたお二人は、
岩下美咲さん(ギター) (芸名「いわし」として弾き語り活動中)と、
宇留嶋愛美さん(ピアノ) (「emotion」  「no title」のバンドメンバーとして活動中 )です。皆さましみじみと演奏と歌に聞き入っていました。楽しい演奏会ありがとうございました。

恒例のユニット行事『かき氷』です。

『長泉わくわく祭り』の日に外出出来ない方々の為に、『かき氷』を作りおいしくいただきました。天候も晴れ、温度もウナギ昇りとなり、絶好のかき氷日和となりました。
下記リンクに写真をフォトムービー(BGM入り)にしましたので見て下さいね!♥♥
   https://www.youtube.com/watch?v=kNVPZhoDXew
(youtube(ユーチューブ)として開きます)

3階ホールにてパンケーキ作りをしました

本日はユニット行事として3階ホールにてパンケーキ作りをしました。
職員によりその場で焼き上がったパンケーキに、ホイップクリームたっぷり乗せて、ミックスベリー・マンゴー・パイナップルをトッピング。
その上からフルーツソースをかけて出来上がり

ラムネやジュース・コーヒーと一緒においしく頂きました。     by.EF職員

野生のスイカ

皆さんは、植えた覚えもないのに、ひとりでに生えてきたスイカを見たことがありますか?私は今まで見たことがありませんでした。

ところが、さつき園駐車場の植込み部分に、なんと「野生のスイカ」が育っているのを発見したんです!

 さつき園玄関前駐車場の、植込みです

細~い植込みから、頑張って生えている蔓があります。辿っていくと・・・

ありました!なんと、スイカの実が成っています!!

本当に誰も植えた覚えもなく、ひとりでに生えてきたスイカです。発見した時は、みんなびっくりしましたが、今では誰かしらスイカの様子を確認しに来ています。

ご利用者の皆様も興味深々。「8月の始め頃には食べられると思うよ」「スイカは連作できないから、来年はどうかな」「1個目は中がスカスカかもね」と、ご自身の経験とともに教えてくださいました。

はっきりと分かる実がついているのはまだ1つだけですが、小さな花が何個か咲いているので、まだまだ実が成る筈!完全自然栽培のスイカがどんな味か、収穫後にまたお知らせします。こうご期待。

皆で食べられるくらい収穫できるといいですね!

飛龍高等学校和太鼓部

デイサービス職員の紹介で、沼津市にある飛龍高等学校和太鼓部の皆さんが、太鼓演奏の慰問に来てくださいました。

トラックに太鼓をたくさん積んで、猛暑の中来てくださった総勢31名の高校生の皆さん!ずらっと並んだ姿は壮観でした。

皆さん健康的な日焼けで、真っ黒です!

躍動感溢れる演奏の様子と、それを楽しんでいるご利用者様をご覧ください。

体の筋肉とばねを使った、弾むようなリズムで打ち鳴らされる太鼓の音は、清々しくも大迫力でした。あまりの盛り上がりに、アンコールが2回あった程。その2回にも気持ちよく応えて頂いて、スポーツマンシップ満載の対応に感謝しきりです。

飛龍高等学校和太鼓部の皆様、ありがとうございました!!!また機会がありましたら、是非お願いいたします。