流しソーメン&ラーメン台作成 奮闘記③

いよいよ佳境に入ってきた流しソーメン台作成報告、3回目です。今回が一番長いかもしれません…が、職員の創意工夫が溢れています。最後まで是非、ご覧ください。

前回ソーメン台を備え付けるための支柱を、三脚で作ることを検討していましたが、それでは高さが出すぎるので、別のものを作成することになりました。

まずは低い方の土台から…

太さのある竹を半分に割って、中心あたりにソーメン台の太さに合わせてくぼみをつくります。そのくぼみの両端に、細い穴をあけました。

この穴、実はストッパー用でして、ストッパーをはめるとこうなります。これも全て手作り!!そしてソーメン台をのせることでこのストッパーの真価が判ります。

こうです!!見事にソーメン台が固定されました。最初見た時は、納得しつつもその工夫に、感心してしまいました。

次は高い方の土台作りに入っていきます。

太さのある2本の竹に、貫通する穴をあけて…そこに細い竹を通します。

こうなりました。ここの渡し棒の部分にソーメン台を乗せるのですが、ここでも細かい気遣いが

なんと、この両端にも小さいストッパーが備え付けてあるんです!仕事が細かいですね。

さらにこの土台の足に靴をはかせて、安定性のアップを図りました。

仕上げに電動やすりで、細かいところを滑らかにしてほぼ完成です。

本番前の試しソーメンは後日に行う予定なのですが、とりあえずの完成を見たこともあり、一度水を流してみよう。というか、流してみたい、流そう!ということで、いざ水の投入です。

見事水漏れも無く流れました!!ついでに畑でとれたトマトも流れてます。

竹の縦に走る筋が細かなおうとつを作り、光の反射と相まって、流水に表情を与えてくれています。これなら夏の風流を存分に感じる流しソーメン&ラーメンを入所様に楽しんで頂ける筈!

作業の合間に汁入れと箸なんかも作ってます。かわいい!

途中、流しソーメン台作成を依頼した職員が、作成担当職員の様子を見にきたりと、作成現場はわきあいあいとしていました。いい~笑顔です。今年はさつき園開設依頼、もっとも流しソーメンをする年になるかもしれません。御期待くださいませ。

ショートステイ~ある日の昼下がりのひとコマ~

先日、ショートステイでは、利用者様同士で『トランプレク』を行いました。普段、あまり交流のない利用者様同士だったりしますが、この日は職員仕切りの下、とても楽しい時間を過ごされました。
【さてと。こっち・・・じゃなくてこっち!】

【あー!ババを引いちゃったー!】

【ふっふっふ。ババがむこうにいったよー

【ふっふっふ。一番で上がっちゃった!】

【トランプで楽しんだ後は、皆さんでアイスクリームをいただきました!】  

このようにショートステイでは、日々利用者様に楽しんでいただけるようなレクリエーションをこれからも行っていきます。

流しソーメン&ラーメン台作成 奮闘記②

先日に引き続き、流しソーメン台の作成の様子をご紹介です。

竹の台を作る、と聞いた時、多くの方は「手造り?でもそれって竹割って節をとればいいんでしょ?」とお考えになるのではないでしょうか。しかし、これがけっこう手間と工夫がいるもので…少し長くなりますが、職員の試行錯誤の様子を是非ご覧ください。

 

まず節をかなづちで、がつんがつんと抜いていきます。

      そして今度はノミとかなづちで丁寧に抜いていきます。

きりっぱなしのへりは、ささくれだって鋭角です。このままでは、利用者様が触れたときに怪我をしてしまうので、へりをカンナで削ってなめらかにしていきます。

そして、ここからが作成した職員の創意工夫の見せ所です。台の入口に、ホースを設置・安定できるように小さいノミでホース口をつけます。丁寧に削って…

こうなりました!!これで水を流してもホースが暴れたりはしません。

そして更に、普通に麺を流しては、麺をキャッチできない方もいるだろう。ということで、途中途中に節を残して関所をつくり、麺がそこで少し溜まるようにしました。麺が溜まるということは、そこで水も溜まるということ。水が溢れてしまっては大変なので、このように切り込みを入れて水が抜けるように工夫もしました。

何節かにひとつ、麺止めがあります。お分かりになりますでしょうか…

さらには、流し台が竹なんだから、台を支える支柱も竹で作ろうと、追加で細い竹を採ってきて支柱作成も始まりました。職員の凝り性発揮です。

ディスカッションの様子。「車椅子の方もいるんだから、高さは低めがいいだろう」「机に乗せることを考えて、幅もそこまで無い方が…」と意見を出し合っております。頼りになります!

途中こんなハプニングも起こりつつ(竹を移動させてようして、植込みにうもれてしまいました)完成まであと少し!暑さの中、職員が汗を流しながら懸命の制作を続けています。またブログで紹介しますね。

流しソーメン&ラーメン台作成 奮闘記①

7月末にこだま・いなほユニットで開催予定の流しソーメン&ラーメンの材料調達に行ってきました。

最近は、家庭用のプラスチック等でできた流しソーメンのセットも売られていますが、流しソーメンの醍醐味は季節の風流を感じながら食べること。そのためには、やはり本物の竹がいい!ということで、たよりになる男性職員が、雨の中本物の竹を切り出してきました。選別に選別を重ねた選りすぐりの竹をご覧ください。

まずは後ろから…

そして前から

最後に横から

素晴らしいボリュームです。この竹は、近隣の方の御厚意で頂くことができました。ありがとうございます!ここから、上手に半分に割って、やすりをかけて…と作業が続きます。笑顔の流しソーメン&ラーメンのために頑張ります。御期待ください。

 

 

こだま・いなほユニット 男子クッキング

2階のこだま・いなほユニットでもんじゃとやきそば作りをしました!

今回は男性職員のみでの男子クッキングです。

料理の匂いが広がり、入所者様からも「おいしそうな匂いがしてる」という言葉や、「男の人が料理をするなんて昔では考えられないね」など、大いに盛り上がりました。

できあがったもんじゃと焼きそばを、ひとつのテーブルを皆で囲んで食べる様子です。「初めて食べたけど美味しいよ」「また作ってください」「また、他の料理も作ってくださいさいね」と、皆さん終始アットホームにわきあいあいと、楽しんでいらっしゃいました。

作った職員も、「店で食べるくらい美味しくできました」と胸を張るほどの出来栄えに、皆さん大満足です。

次回は、8月に流しソーメンと流しラーメンの予定です。秋になったら秋刀魚もいいですね。網焼きで焼けたら最高ですね!

 

さつき祭りで大活躍です

さつき園の行事にいつも花を添えてくれる『和太鼓クラブ チームさつき』です。

メンバーはさつき園の有志職員で構成されています。

先日の第9回 さつき園祭でも迫力ある演奏が披露されました。

感動の涙、驚きの涙からの拍手喝采でした。

次回の演奏もご期待ください。

 

7月の喫茶に向けてオリジナルケーキを試作中です

さつき園では、現在月に1度喫茶「花あかり」が開催されていることを以前のブログで紹介しました。その喫茶では、いつも、お菓子屋さんでデザートを何種類か購入して皆様にお出ししています。

が、7月の喫茶では、さつき園開所以来初めてオリジナルケーキをメニューに加えることになりました。

現在、厨房職員が試作品づくりをがんばっています。

当日は、写真のケーキの他にもう一品デザートを作って、メニューに加える予定です。

どうぞお楽しみに!

今年もさつき園名物『さつき祭』が近づいてきました

今年もさつき園名物『さつき祭』が行われますが、実行委員の方は、皆さんに楽しんで頂こうと仕事もせずに・・じゃなかった、時間外にも連日連夜(笑)頑張っていますよ楽しみに待っていて下さいね

参考として、昨年(平成28年)の風景の一部を動画風にして下記に貼りました ↓(クリックして見てね再生が始まったら右下の『全画面』をクリックして大画面でご覧下さい(BGM有り))

今年の予定は、

日程 平成29年6月11日 日曜日(雨天決行)
時間 12時15分~15時
内容 式典・余興・模擬店販売等

0